うれしい気持ち

あくびみたいな話 たそがれのごちそう

ちぎってはポイ、拾ってはポイ、を繰り返しながらもムシャムシャ食べてくれた、この日の息子のお昼ごはんはパンケーキでした。

親の自己満足が120%くらいのメニューだったので、「感動の強要は良くないぞ」と肝に命じつつ。それでも、おいしそうに食べてくれる彼を見て、思わず口元がゆるんでしまった。

子育て

離乳食ではもうないけれど、「こんなのどうかな」と新しいことをしてみた時ほど無反応だったり嫌がったりして、てきとうにこさえた納豆ごはんの方をおいしそうに食べたりする。

そういう時、心の中には“ふたりの自分”が現れる。

「とほほ……」と肩を落とす自分と、
わたしのやったことに対して“反応すること”を息子に求めちゃう自分。

お菓子をあげたら喜んで欲しいし、遊園地に連れて行ったら楽しんで欲しい。

そういう、子どもにわかりやすい反応を求めているのは大人、保護者、親の方である。

学校に行くようになればテストだったり、宿題だったり、忘れ物をしたときの言い訳だったり、受験だったり、就職だったり、もう全ては人間関係なんですけどね、この世の中は、本当に他人から求められることが多いと思う。ため息が出るほど。

人は、小さくともひとつひとつに反応して生きているはずなので、こちらに都合の良い、欲しい反応を、他人(親)は求めちゃいけないわね……

と思いつつ、今日のパンケーキはニコニコムシャムシャ食べてくれた息子。

子育て

人に反応してもらえたときの、胸のあたりがブワ〜っとあったかくなるうれしさは、素直に感じておいてもいいよね。

と思う母ちゃんでした。